蛇口の水漏れは交換修理が一般的

住居内を見渡してみると水を使用するところに、必ずと言っていいほど設置してあるのが蛇口ですが、住居内の水のトラブルとして多いのが、蛇口からの水漏れです。蛇口からの水漏れであれば、なんとなく清潔な水が漏れているだけなので、大丈夫だろうと放置してしまいがちですが、放置すればするほど影響は大きくなってしまうことから、できるだけ早く対処する必要があります。

■蛇口からの水漏れはなぜ起こるのか?

蛇口からの水漏れの原因のほとんどは蛇口自体の経年劣化であり、パッキンなどの部品が長く使用している間に劣化してしまうことが挙げられます。長く住居に住み続けることで様々な劣化が目立つようになってきます。修理やリフォームなどのメンテナンスをして長く住むことができるようにしますが、蛇口の修理もそういったことに含まれます。
場合によっては修理をしなくても長く使えることもありますが、一般的な蛇口の耐用年数は10年ほどであり、設置してから10年が経過すると微量の水漏れなどが起こる傾向にあることを知っておきましょう。

■蛇口の修理は交換が一般的

蛇口から水が漏れているという場合は、蛇口が水漏れの原因であることが特定できれば、蛇口自体を交換してしまうことで修理はスムーズに終了します。
蛇口そのものやパーツなどの劣化が原因の場合、取り替えずに水道 修理を行うと同じような水漏れを繰り返すことがあります。長年使っているものであれば、今後も長期的に使用することを踏まえて交換することがおすすめです。新しいタイプの蛇口に交換することで、使いやすさも良く、節水に繋がる場合もあります。

■まとめ
蛇口があることで毎日清潔な水を使用することができますが、蛇口からの水漏れはよく使用する場所のため蛇口を使い続けている以上、起こりうるものです。長く使用することを考えて水道 修理を行う際には交換するといった選択肢もあり、メリットもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ